• 使用方法が非常にデリケートな抗精神病薬を上手に使用するために
  • 当サイトでは「使用方法が非常にデリケートな抗精神病薬を上手に使用するために」ということにテーマして、抗精神病薬に関する情報を紹介していきたいと思います。
  • 抗精神病剤から漢方薬にシフトしたい・漢方薬を併用したい場合

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    抗精神病剤から漢方薬にシフトしたい・漢方薬を併用したい場合

    精神科や心療内科で抗精神病剤を処方されたという方もいらっしゃるでしょう。原則的には医師の指示に従って進めていくのが一番なのですが、自ら何かしたいという気持ちを抱く場合もあることでしょう。そのような際に「漢方を併用していきたい」などという声もあるようです。

    そこで、抗精神病剤と漢方について考えて見ましょう。

    ■漢方について
    漢方ですが、慢性的な経過を取る多くの状態には効果的であるともいわれています。しかし、漢方を向精神薬と「併用すること」は避けたほうがよいでしょう。特に、精神に作用するものにおいては注意が必要です。

    ■漢方に差し替えたいという場合
    抗精神薬ではなく漢方を中心にという考えを抱く場合についても考えて見ましょう。先に、慢性的な症状には漢方が効果的という見解を記しましたが、急性期には抗精神病剤がもっとも効果的であるといわれています。ですから、漢方では効果が感じられないということもあるでしょう。

    また、統合失調症の場合にはこう抗精神病剤の使用が第一選択とされています。

    ■覚えておきたいこと
    イメージとして、植物由来の漢方だと「副作用がない」というものがあるかもしれません。しかし、漢方にも副作用はあるのです。ですから、自己判断で服用することは避けていただくことをおすすめします。

    ■サプリメントとは違う漢方薬
    抗精神病剤と漢方を併用したい際には必ず主治医の指示をあおぐようにしましょう。漢方はサプリメントのような栄養補助食品ではありませんので、一般的な薬と同様であるという考えを持っておいたほうがよいでしょう。そして、抗精神病剤が決して体に悪いもの・よくないものというわけではないという認識も持つようにした上で治療に取り組んでいくとよいでしょう。